[2019.12.4]ルールとマナーとモラルと[日記]




こんばんは、ハクロです。

今日も何事もない一日。

そんななんでもない一日を意味のあるものにしようと筆を取る。

プチポエム。

筆ではなくタイピングでしょうと言うセルフツッコミをいれつつスタート。

仕事が立て込んでいるときにあまりやる気になれないタイプなので、やる気とは関係なくタスク処理できる習慣を作る。明日は10時半から出荷する荷物の荷造りします。そのあと書類の処理。

仕事をしていて、ルールをどれくらい守るのかが社内で論争になっています。

社内事情ゆえ具体的にはかけないけれども、ざっくりいうと「ルールを侵してはいけないが場合によるんじゃないのか」と言う社の方針に対して、「いや、だめでしょう。場合によるの基準が曖昧すぎるし」って感じに対立している。

で、タイトルにもしているけどルールを絶対遵守するのか、マナーやモラルを優先するのかって人任せにしちゃいけないのだと思う今日このごろなのです。

基本的な考え方はこうで良いと思う。

①ルール優先

②ルールを守ることが倫理的によろしくない結果に結びつくならルールを変えるのが優先。

③モラル的なもの(同調圧力的な)のせいでルールを守れないなら認識を変える

みたいな捉え方でいんだと思っている。

ただ、ここで言うルールが法律みたいなガチガチの裁かれるものなのか、社内規則みたいなものか、はたまた個人間の約束事なのかで、優先度が変わってしまっているのでややこしいことになっている。

このルールは守るけど、このルールは守らなくてもいい。みたいな。

窃盗はだめだけど、会社での遅刻はOK。みたいな。

気持ちはわかる。

でも、法律だって個人間の約束だって結局は人と人との間での取り決めであって、ルールとして存在する以上は守らなくていいルールなんてないのだと思う。

だからこそ、②みたいな状況ならルールを変えるなり廃止するなりの方が優先される。

そう思う。だから、ルール通りに、いつも通りにやってることって、定期的に見直さないといけないのだと思う。

思う思うといってばかりで思ってばかりではいけないので、してはいけないことを決める(考える)ことにする。

まず、「場合によってはルールを破ってもいい」みたいなことは極力やめようと思う。

理由は、すぐにあれもこれもOKみたいなことになるから。すぐ前例ができちゃうからね。

あと「場合」ってすごく広い意味合いだから。

具体的には、「車が通っていない」から「信号無視をしてもいい」みたいな。

これの究極系って「バレなければ」だと思う。結局ルールなんてなくなってしまう。

譲歩して「人命救助のために」→「駐車停車禁止のところに車を停める」とかは倫理的に許されるかも。実際にそんな状況になれば罰則は受けるのだろうけれども…

だから「誰にも迷惑かけてないのだから」って論法はしない。

自分がルールを侵した場合、一見被害を受ける人が周りにいなかったとしても、確実にちゃんとルールを守っている人たちは不利益を被るのだから。

だから私は

①ルールを守る

②定期的にルールの点検をする

③ルール守ってるんだから何してもいいだろう、とか言わない。

この3つは守ろうと思う。

今日はちょっと真剣な話をしてしまった。

もっと深めて記事にしようと思う。

最後は軽く終わるために、雑にログを書く。

今週朝早起きできてないから、明日は起きて散歩する。

明日はピアノの日だけど練習がはかどってない。明日の朝はピアノの練習をする。

ネトフリで血界戦線の2期を最後まで観てしまった。イッキ見してしまうのは悪い癖。

優先順位を決めてやること先にやりましょうね。

それじゃ、またあしたー