第2世代iPhoneSE発表に際してひとりごちる

日常




こんにちは、ハクロです。

iPhoneSE発表されましたね。

一通り事前情報通りですね。購入を勧めるような記事を書いても良いのですが、SEという機種にはそれなりな思い入れがあるので、今日は昔を懐かしみながらひとりごちます。

iPhoneSEとは?

念の為iPhoneSEの説明を誤解を恐れずざっくりと。

iPhoneは世代ごとに後ろに数字が付きます。(今の最新は11)

今回発売されたSEは第2世代で、第1世代もそうなのですが、

「中身は最新機種とだいたい同じだけど外装は旧モデルを流用して少し機能を抑えることで低価格を実現した廉価モデル。」

といったところ。

今回発売の第2世代は「中身は11、外見は8」です。

前モデルのSEは「中身は6、外見は5」でした。

「見た目は子供、頭脳は大人」名探偵コナンみたいな感じです。

細かい差はApple公式の比較機能が見やすいのでリンクからどうぞ。

iPhoneのモデルを比較する-apple公式サイト-

今回発売の第二世代のいいところ

なんだかんだ価格でしょうね。

保証や下取りなしで、一番容量の小さい64gで44,800円(税別)。

IPhone SE 64GB  PRODUCT RED  Apple 日本 2020 04 16 11 55 12

容量を倍の128gにしても48,900円(税別)と税別ながら5万円を切る。

やっと買い替え難民が助かりますね。

私は年明けに11に買い替えましたが、やっぱり高いもんね…

あとは、単純に変わらないという良さ。

現状iPhone8以前のモデルを使っている方は愛着のある見た目そのままに不満点を改善できます。

容量が足りないなら少し容量の多いモデルに買い換えるのもいいかも。

ディスプレイの解像度や、カメラの機能、touchIDかFaceIDかなど細かな差異はあるにせよ、買い替えのチャンスですね。

懐古主義者のひとりごと

でもやっぱり、以前のSEの小さな見た目、デザインが忘れられない。

わすーれらーれなーいのー

私が初めて使ったiPhoneが4Sです。

今思っても3Gから4、4Sへの革新と5、5Sへの洗練をわすれられない。

わすーれらーれなーいのー

そして6、7になるに従い大画面化の潮流に乗り丸みを帯びたデザイン。否定するわけではないのですが、それに違和感を感じ一時エクスペリアを使ってた時期がありました。(Z4は冬場にカイロとして役に立ちました。バッテリーの発熱ヤバかったなぁ…)

やっぱりiPhoneがいいなとおもい第一世代のSEを使い、やっぱりこの手に収まるサイズ感。しっくりくると安心したのも良い思い出。

いまは11を使っていて特に不満もなく、満足していますが、私にとってのiPhoneはやっぱり手のうちに収まっていてほしいというわがまま。

これからの時代、スマートフォンというデバイスがどのような進化を遂げるのかまだわかりませんが、在りし日の美しい記憶として胸に留めておきましょう。

まとめ:それはそうと買い替えのチャンスですよ

やっぱり、iPhoneSEを買うべき人をポイントでまとめておきます。

  • 8S以前のモデルを使っているひと
  • お金をかけたくないひと
  • 最新の機能に特に興味のないひと

当てはまる方は秒でAppleストアへGO!です。

ぜひSIMフリー版をかって格安業者で契約しましょう。

きっと幸せになれます。たぶん。笑

それではまた〜